福岡の宇美という田舎町から良質の美味  地酒・地焼酎の事伝えます

最新の記事

君の井は。 (03/10)  立春朝搾り 今年もやります (01/15)  生酛チャレンジセミナー (11/21)  最近直汲みがアツい (10/27)  復帰です (09/17) 

記事一覧はこちら

ページ移動

トップページ | 次ページ>>

スポンサーサイト

  1. 名前: さかや120 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

君の井は。

  1. 名前: さかや120 2017/03/10(金) 12:08:42
    「最近なんか味も香りも強い酒ばかりもてはやされて新潟系の影薄いな―」と思ってた所
    縁がありまして妙高の君の井酒造さんのお酒取り扱い始めました

    しかし自分がやる以上はそこらの新潟淡麗辛口とは違う個性的なお酒です
    杜氏が農家といて米作りをしてるので米の力を最大限に引き出す事に心を注ぎ
    蔵の方針として一貫して山廃仕込みでの酒造りを行ってます
    山廃仕込みはその環境により出来あがりに蔵独特の個性が出る
    「その蔵の水や風、空気といったものまで盛り込んだ」地の酒として魅力的な酒造りです
    君の井の酒は香ばしく濃厚な風味がありながらあくまで後口は綺麗で涼やか
    体にじんわりしみこむような日本酒ならではの旨さ、心地よさを感じさせてくれます
    (;^ω^)全く最近の流行りとは外れてますね  しかしこれぞ日本酒という感じ

    特に土蔵で寝かした山廃本醸無濾過は素晴らしい
    琥珀色に色づいてるので「うわぁ 老ね香あるんだろうなぁ」と思わせといて
    嫌みの無い熟成の味わい すっと切れる心地よさで酒屋人生でも中々出会えない燗向きの酒です
    kimino.jpg

    特に平成21年仕込みがうま過ぎてやばい  そして全体的にお手頃価格です
    左端には一応流行りの味わいも・・・
    純米大吟直詰「恵心」 やや甘のフレッシュな味わい 直詰ならではの微炭酸が全体を引き締めてる
    例によってまた有名でもない酒ですが味は◎の酒  ぜひ試してみてください


     
    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [日記]

立春朝搾り 今年もやります

  1. 名前: さかや120 2017/01/15(日) 16:51:37
    (`・ω・´)毎年恒例の立春朝搾りを今年も予約受付中です

    立春朝搾りとは「立春大吉」の日に日付が変わった午前0時以降から酒を搾り
    その搾りたての酒を「宇美八幡神職の方にお祓いをしてもらい」
    酒屋が箱詰めやラベル貼り等の作業
    その日の内に皆さんにお届けする  開運・縁起物、それに加えて大変美味しい宝物の様なお酒です

    ただし酒の性質上「事前予約」が必要になりますのでご注意を
    尚、あまりに注文が殺到した場合はその時点で予約受付を終了する事もあるのでご容赦ください
    hayaku.jpg
    つまり予約は早くしとかないと買えない可能性も出てくるって事です

    電話 092-932-0892 にお電話下さい  待ってます


    コメントを書き込む コメントを読む(1) トラックバック(0) [日記]

生酛チャレンジセミナー

  1. 名前: さかや120 2016/11/21(月) 11:46:32
    生酛をもうちょっと噛み砕いて説明できる様にセミナー参加してきました
    講演蔵元は山口「五橋」高知「司牡丹」 司の方は船中八策の蔵と言った方がわかりやすいかもしれませんね 全国的に有名だし
    CwRF0bNUIAAqlNT.jpg

    ざっと書くと 酒の酛造り=米に麹を植え付けデンプンが糖になった菌にとって
    住み心地のいい土地をいかに酵母菌の支配下に置くかっていう事なんよね

    そんで普通の酛造りで行われてる「速醸」ってのは面倒な雑菌を殺すのに乳酸を加える=清酒酵母は乳酸耐性があるので
    その中でも増えて清酒酵母単一国家完成って流れなんですが
    生酛は必要な乳酸の生成までを菌の力を使ってやるって事で流れで書くと
    第一の住人硝酸還元菌類>亜硝酸発生で殺菌>次の住人乳酸桿菌(亜硝酸とか平気)>乳酸菌ブドウ糖食べて乳酸発生>
    乳酸で硝酸還元菌類は殺菌>満を持して清酒酵母登場(乳酸菌とかへっちゃら)>糖食べてアルコール発生>
    アルコール10度辺りで乳酸菌は死>清酒酵母一人勝ち

    まぁ面倒だし時間かからんし安全な速醸を選択するのは企業としては当然といえますか

    普通の酒は菌使って乳酸生成させるとかやらずにとっとと乳酸ぶちこんで酵母の暮らしやすい環境作りますが
    それで育った酵母は上記のものより弱っちぃので発酵中に死んで老香成分ジメチルトリスルフィドを出すらしいってのが
    講義内容を聞いた後での自分の脳内まとめです 

    出来た酒に出る特徴としては「乳酸が多い(温めて美味な酸味)」「酵母が強く完全発酵でき酵母の食べ残しが少なく味のキレが良」
    「品質劣化が遅く熟成向き」
    講義後試飲しましたが(特徴のわかりやすい酒集めたと思うけど)確かにそんな感じでした

    あんまり量を飲まない家庭や劣化の怖い飲食店は長く味が保てる生酛という選択が今後増えるのかもしれませんね
    今後は山廃とか生酛って表示も酒選びの時気にしてみてください  では ノシ

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [日記]

最近直汲みがアツい

  1. 名前: さかや120 2016/10/27(木) 15:08:39
    ( ・ω・)ノこんにちは 秋になって食欲も睡眠欲も〇〇欲もMAXのさかやです
    今年は残暑が長すぎました~

    ところで最近「直汲み」だとか「槽場汲」とか書いてあるお酒良く見る様になってませんか?
    これは搾って間もなく瓶詰めし搾ったままのフレッシュさ かすかにしゅわっと炭酸を感じる様な爽やかな風味があり
    けっこう好みの味わい多くて積極的に仕入れてます

    その中でも「酒質と値ごろ感がマスト」な甲子
    この間、東京試飲会行った時に千葉まで足を延ばし行ってきました
    そのせいでより贔屓目に見てしまうのですがとても出来がいい「純吟の直汲み」
    これ実は東京試飲会では間に合わず出てこなかった酒で福岡でのイベントで先取りできたものです
    kino.jpg
    まだ届いてはいないんですが このラムネを思わせる清涼感は"買い"ですよ

    最近いいタイミングで旨い酒を投下してくる甲子から目が離せません




    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [日記]

復帰です

  1. 名前: さかや120 2016/09/17(土) 11:13:50
    (;^ω^)すいませんずいぶん間が空いてしまいました
    例年なら6月末には消防団訓練の方が終わって仕事に集中できるのですが
    町大会優勝→上位大会のため8月まで訓練→地区大会勝利→県大会出場のためさらに1カ月延長→大会日に台風でさらに延期
    例年にないパターンで仕事を犠牲にしながらも訓練に励みましてその成果 県2位という栄誉を勝ちとる事ができました

    先日終了しましたのでやっとたまってた仕事を片づけてる次第です
    今週は東京の試飲会に行ったりして少しずつひやおろし等新商品も入ってきてる分紹介していくので
    宜しくお願いします
    ちなみに今回のひやおろしで良かったのは茨城「御慶事」ですかね
    まだ人気はそれほどでもありませんが徐々に人気が出てくる気がしてますので今の内に押さえてください

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [日記]

ページ移動

トップページ | 次ページ>>
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。